#16 『Soaring Butterfly ~空へ舞う蝶~』・『甲斐の虎~武田信玄、天下取りへの道~霧晴れし時現る鶴翼の陣~我が武田の旗を立てよ!』


甲斐市敷島吹奏楽団団長の保坂です。

今回は、前回に引き続き作・編曲家の清水大輔さんの作品第2弾をお届けしたいと思います。

清水大輔さんより、これまで2回委嘱作品を依頼し作曲していただき素敵な作品に出会うことが出来ました。
今回は私たちが大切にしている委嘱作品2曲、再演の模様をお届したいと思います。

1曲目は、2019年第30回記念定期演奏会演奏会で演奏された『Soaring Butterfly ~空へ舞う蝶~』、2曲目は、2020年第31回定期演奏会~創団40周年記念演奏会~でされた『甲斐の虎~武田信玄、天下取りへの道~霧晴れし時現る鶴翼の陣~我が武田の旗を立てよ!』です。

『Soaring Butterfly~空へ舞う蝶~』は、本楽団の第20回記念定期演奏会の委嘱作品として作曲れ、本演奏会で初演されました。曲は、日本一の渓谷美と称される山梨を代表する渓谷『昇仙峡』の岩肌を一匹の蝶が一気に駆け上がっていく景色が描かれています。

昇仙峡観光協会
甲斐市敷島吹奏楽団HPより

『甲斐の虎~武田信玄、天下取りへの道~霧晴れし時現る鶴翼の陣~我が武田の旗を立てよ!』は、本楽団の創団30周年記念作品として作曲され、第21回定期演奏会で初演されました。

曲は、山梨を代表する武将で ある武田信玄を題材に、全3楽章形式で構成せれ武田信玄の壮絶な人生が描かれています。

今回は、清水大輔さん本人により再構成された特別バージョンをお届します。副題となる~霧晴れし時現る鶴翼の陣~我が武田の旗を立てよ!~は、特別バージョンに併せて団員皆で考えたタイトルが使用されています。

 甲府市
甲斐市敷島吹奏楽団HPより

また、来年の2021年には、武田信玄生誕500年という節目の年を迎えます。この節目の年に『甲斐の虎~武田信玄、天下取りへの道』が多くの山梨県民の皆さんにところに届けられることを願っています。

それでは、 『Soaring Butterfly~空へ舞う蝶』、『甲斐の虎~武田信玄、天下取りへの道~霧晴れし時現る鶴翼の陣~我が武田の旗を立てよ!』の2曲、「清水大輔」の世界をお楽しみ下さい!

 

 Soaring Butterfly〜空へ舞う蝶

● 甲斐の虎~武田信玄、天下取りへの道~霧晴れし時現る鶴翼の陣~我が武田の旗を立てよ!